ゆいゆいのポリプテルス・オルナティピニス

学校・幼稚園などの大勢での団体生活をする際に、花粉症の症状が要因でクラスの友達と同じようにして楽しく走り回ることができないのは、子どもにとっても寂しいことです。
アルコールを分解する肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、動脈硬化や肝硬変を筆頭に様々な病を誘発するかもしれないのです。
30~39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学用語で表現すると「早期閉経」という女性疾患に当てはまります(我が国の場合は40才以下の女性が閉経する症状を「早発閉経(POF)」と呼ぶのです)。
汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足裏、指と指の隙間などに細かな水疱がみられる皮膚病で、一般には汗疹(あせも)と言われており、足裏に現れると足水虫と早とちりされることもあります。
国民病ともいわれる花粉症とは、山の杉や檜、ブタクサなどの草木の花粉に誘発され、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻水などの辛いアレルギー症状を招く病気だといえます。
ミュージックライブのおこなわれる会場やディスコなどに設置された大型スピーカーのすぐ近くで大音量を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいます。
アルコールや薬、合成着色料を始めとした食品の添加物等を特殊な酵素で分解して無毒化する事を解毒(げどく)と称しており、肝臓の大事な役目の一つであることは間違いありません。
エイズとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染により罹患するウイルス感染症の病名で、免疫不全となり些細なウイルスなどによる日和見感染や癌などを発病してしまう病状そのものの事を指し示しています。
日本における結核対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に従って推進されてきましたが、56年後の2007年から結核以外の感染症と同じように「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に準拠して行われることに決定しました。
婚活パーティー 東大阪市
70代以上の高齢者や慢性的な疾患を患っている人は、特に肺炎にかかりやすくて治りにくいという傾向が見られるため、事前に予防する意識や早めの受診が大切です。
子供の耳管の特徴は、大人の耳管に比べると幅が広くて短くなっており、且つ水平に近いため、様々な細菌が入り込みやすくなっています。小さな子どもがよく急性中耳炎になるのは、これが関係しています。
体重過多に陥っている肥満は言うまでもなく栄養バランスや食生活の質、運動不足などが主因ですが、同量の食事であっても、短時間で食べ終わる「早食い」をすることによって肥満(obesity)を招きやすくなるということが明らかになっています。
チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の追跡調査のデータからは、体の大きな大人よりも体の小さい子どものほうが飛んできた放射能の深刻な影響を受容しやすいことが読み取れます。
狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の2つの施術がしきりに採用されています。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人しか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように本人だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使ってみると感じると言われている「他覚的耳鳴り」があるのです。